ダブル洗顔は良いのか悪いのか、ネット上でも様々な意見が飛び交っていますよね?

ダブル洗顔というのは、クレンジングの後に通常の洗顔をすることです。


結論から言ってしまえば、

ダブル洗顔は肌に大変悪い

という事。


ではなぜダブル洗顔という言葉があるのかというと、クレンジング洗顔は、本来は別の目的で行うから。

クレンジングは、メイクなどの油性の汚れを徹底的に落とすためで、

洗顔は通常の汚れや雑菌を落とす役割があります。



でもよく考えてみてください。

クレンジングをすれば、顔の表面についている汚れや雑菌もその時に一緒に落ちるはずですよね?

わざわざもう一度洗顔をする必要があるのか、疑問に思いませんか?


ナチュラルメイクの人ならなおさらなのですが、もう一度洗顔をする人の心理としては、メイク汚れが毛穴に少しでも残っているとイヤだという事と、そもそもクレンジング剤の成分が完全に落ちていないのではないか、という2つの心配があるからでしょう。


しかし、クレンジングにしろ洗顔にしろ、顔を洗うという行為そのものは肌にダメージを与える行為でもあります。

もちろん、洗顔しないと不潔なのでするのですが、肌にダメージを与えながらクレンジングや洗顔をしている、というのが正しい解釈なんです。


だったら、ダメージを与える行為を2度も行う必要は・・・ないですよね?

それに、2度も”洗う”という行為をする弊害は他にもあるんです。


ダブル洗顔は肌荒れ・乾燥の原因に